月別アーカイブ: 8月 2010

静岡県公認J(ジュニア)防災士養成講座

8月29日静岡県公認J防災士養成講座を静岡市番町活動センターにて行いました。これは、日本防災士会静岡県支部(望月 司支部長)が主催し 富士常葉大学井野 盛夫教授の監修の元行われた。まず 開講式から始まりタウンウォッチングを行い町の安全な場所・危険な場所・避難所・マンホールの意味など2チームに分かれ子供たちで探して回った。帰ってきてからはお互い確認してみて回った事などを発表した。その後はアルミ缶を使ってゴハンを炊いたり紙ぶるぶるを使って建物の筋交いの大切さなど勉強した。午後は救命救急で心肺蘇生術・119番の電話掛け方・海や川・身の回りで助けを求めてる人を発見した場合の対処法など勉強した。その後 井野教授のテスト(大人でも難解)が始まった。全員合格した。そして望月支部長から合格者に顔写真入りで富士常葉大学 木宮健二学長の名前の入ったカードを授与した。そしてこれを県に申請すれば晴れて静岡県公認ジュニア防災となる。今回は小学4年生から6年生まででしたが中学3年生までを養成します。希望者やご質問等はご遠慮なくお電話下さい。 日本防災士会静岡県支部副支部長 大石昌一まで ☎0548-22-2236     

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

毎年24時間テレビに協賛

今年も24時間テレビに協賛してます。ホームページの元横綱 輪島 大士がCMに出演してます。第一テレビで現在 毎日放映されてます

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ジュニア救命講習のお礼の手紙

8月19日に行った静波放課後児童クラブの皆さんから救命講習のお礼の手紙を頂きました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ジュニア用救命講習修了証

ジュニア用救命講習修了証が出来ました。向かって左側が小学三年生以上の修了証。右側が小学二年生以下の修了証となります。当院では小学生を対象とした独自のプログラムと総務省消防庁による普通救命講習のガイドラインに沿って行います。また、一般の普通救命講習Ⅰ・Ⅱも行います。災害時や水害など防災関係についても技術指導も行います(静岡県防災士)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

小学低学年に心肺蘇生法を教える

静波放課後児童クラブの小学1年生から3年生まで30人に心肺蘇生法の講習会を開きました。また、先生方には普通救命講習を合わせて行いました。特に小学低学年では119番の掛け方や救急車の呼び方など殆ど知りません。それを皆で学び、ダミー人形を使い胸部圧迫をリズムよく行う方法を教えました。低学年と侮ってましたが とても上手に出来てました。また、アルミ箔・爪楊枝・ティッシュペーパー・サラダ油・ガラスコップを使いランプを作って実際に火が点くか確認しました。この講習がきっかけに、防災関係や、救命・災害などに興味を持って頂ければ良いなと思います。災害時には子供のパワーが必要不可欠となります。このあと先生方には普通救命講習Ⅰ修了証が吉田町牧之原市広域施設組合消防本部から発行され、また、子供たち3年生には消防本部の好意により特別に修了証が発行されました。そして 低学年には 十慈接骨院ジュニア救命救急講習修了証が発行されます。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

牧之原市AED地域貸出協力協定書を交わす

平成22年8月10日牧之原市AED地域貸出協力協定書を牧之原市西原市長と交わしました。当院では、以前よりAED(自動体外式除細動器)を設置しておりました。有効活用の為にも是非と思い協力させて頂きました。ただ 年間に何回も使う物ではないのでもし必要な時は24時間何時でも貸出致します。玄関にこの協定を結んだプレートが掲げてあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

神の手を持つ天才 脳外科医 福島孝徳先生と!

某所にて 世界を飛び回るスーパードクター福島孝徳(脳外科医) 先生と お酒を傾けることが出来ました。 とても気さくで明るい先生でした。当日朝も5件ものopをすませて来たとは思えませんでした。パワフル・バイタリティーに溢れた先生でした。 神の手と握手!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

心肺蘇生の方法(静岡新聞で取り上げられました)

さがらビーチで講習 7月3日の静岡新聞の地域面で、心肺蘇生の方法について講習会を行いました。 その時の様子が、静岡新聞で取り上げられましたので、ご紹介します。 心肺蘇生の手順確認 -海水浴場関係者ら- 牧之原市のさがらビーチ 夏の海水浴シーズン到来を前に、日本水難救済会相良救難所(松下正美所長)は1日、心肺蘇生(そせい)法とAED(自動体外式除細動器)の取り扱い方法を学ぶ講習会を牧之原市のサンビーチの海の家で開いた。 昨年度、同救難所に「青い羽根募金」の寄付金によりAEDが1台導入された。同ビーチの海開きに合わせて、海の家や海水浴場にかかわる関係者や市職員らを対象に今年初めて実施した。 講習会には約20人が参加。同市静波の十慈接骨院長で応急手当て普及員の大石昌一さんやライフセーバーらが講師を務めた。大石さんは「最初に近くにいる人の素早い対応が必要で、周囲の状況を見て、救急車が来るまで、いかに救助するかが重要」と呼び掛けた。 参加者は実際にダミー人形を使って心臓マッサージや人工呼吸などの手ほどきを受けたほか、AEDを使って人命救助の一連の流れなどを確認し、万が一に備えて熱心に取り組んでいた。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ブログを始めました!

院長の大石です。 各種無料講習会、防災活動等、当院の活動を皆様にお伝えして参ります。 健康のことで気になる事がございましたら、お気軽のご相談下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ