浜岡原子力発電所内部視察

7月24日NPO法人日本防災士会静岡県支部にて浜岡原子力発電所の視察に行ってきました。当日は原子力発電所の中枢部で役職の方々に事細かく説明を聞き バスに乗り込み建屋内部を見学させて頂きました。普段は見ることの出来ない場所や福島の教訓を生かした発電機を建屋上部に設置 また、それより高い山頂部からの送電。津波対策の建物入り口の堅牢など、それに18メートルの防潮堤設置場所などを見学して回りました。私の個人的な考えでは、これ以上の防護壁はと思いました。また、これは 建物内部の撮影 携帯 金属類の持ち込みは出来ない為(テロなどの為?)空港と同じように金属探知機を通り内部に入りました。

今回は 富士常葉大学 井野盛夫教授(防災士会顧問)のご協力によりこの視察が出来ました。感謝です。

jujikai の紹介

院長の大石です。健康に関して、何でもご相談下さい。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>