−牧之原市の接骨院− 腰痛 肩こり 首痛 ねんざ の保険治療

牧之原市の十慈接骨院 > 診療案内について

診察受付時間
午前 (8:30〜11:30) × ×
午後 (14:00〜17:40) × × × ×

※学生、会社員の皆様のように、時間内に治療に来られない方々には、早朝・夜間の治療を行っています。
お電話、またはお問合せフォームよりご相談下さい。

専門の事故治療

当院では、開業以来、鞭(ムチ)打ち・交通事故からくる様々な症状の臨床を重ね、事故治療を専門に行っています。交通事故障害は、これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝動によって全身の筋肉のバランスが崩れる場合が99%といえます。当院は、全身の筋肉のバランス調整を得意としていおり、事故の状況やケガの症状、その後の経過などを詳しく確認させていただいたうえで、お一人お一人の症状にあわせた治療を行います。

鞭(むち)打ちとは

交通事故で車に追突された場合、体が前に押し出され頭だけが残り、首が鞭(むち)のようにしなるような状態になるので、「むち打ち」と呼ばれます。症状は、首から肩にかけての痛み、頭痛、吐き気、めまいなどです。

鞭(むち)打ちの原因

追突の際、頚椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)に外力が加わり、その間接が持つ運動範囲以上の動きを強要されることにより、筋肉、靭帯(じんたい)、間接などに損傷を引き起こします。

鞭(むち)打ちの治療

病院では、むち打ち症と診断されるもののほとんどがこの頚椎(けいつい)捻挫と考えられています。病院で痛みや症状を訴えても、レントゲンを撮っても、「異常ありません」で終わり、「シップを出しておきますから痛かったらまた来て下さい」とか、「来週また来て下さい」と言われてしまうことがよくあります。当院では、マッサージ等による手技により、鞭打ち症状の出ている頚椎(けいつい)だけではなく、全身の筋肉バランスの崩れを調整することにより、痛みや症状をやわらげ、身体を人間本来の正しい姿に戻す治療を行います。

十慈接骨院で、事故治療・腰痛・肩こり・首痛・膝の痛みに対する治療に活用している最新医療機器
ご紹介いたします。