−牧之原市の接骨院− 腰痛 肩の痛み ひざの痛み のマッサージ方法

牧之原市の十慈接骨院 > マッサージ方法

1.肩甲骨挙上体操

肩すくめ体操と思ってください。呼吸に合わせて吸い込むと同時にゆっくり左右差を生じないように肩を最大の力を加えて数秒間上げます。そしてはくと同時に肩を下げます。(肩から肩甲骨に痛みやはりがある時に使います。)

2.上肢の側方挙上体操

腕を外側に肘を伸ばし、肩の高さまで上げます。左右を等しく保って手で半円を描くようにゆっくり動かしてください。そして次第におおきく半円を描いてください。(1分間に6回程度行うと良い。)

3.肩甲部伸張体操

椅子に腰かけて両手を肩につける。次にその手を肩につけたまま、肘を中央に寄せて両肘が接するくらいにする。できるだけ肩を引き伸ばすよう西、それから元の姿勢に戻し両手を下げて力を抜く。

4.頸部屈曲伸展体操

座位で胸から腰を垂直にして行って下さい。頸部を前屈して胸にあごをつけます。ゆっくりと元に戻して今度は頸部を後方に倒して行きます。痛みがあれば痛みの出る手前で止めてください。

5.肩のぶん回し体操

肩を上方から前方へまわし、次に下方から後方へ向かって動かします。胸などは動かさないで下さい。又、この逆も行ってください。これらの運動を左右交互に行うと8の字を描くようになります。試してみてください。

6.背臥位における体操

背臥位で両上肢を床に垂直に挙上します。そのままの姿勢から両上肢を右に倒し、同時に頭部を右に向けます。この逆も行います。(呼吸に合わせてゆっくりと)

7.腹臥位における体操(1)

腹臥位で両手を殿部後方で組みあせます。肩甲骨を内側へ寄せるように力を入れ、それからゆっくり元に戻します。次に組み合わせた手を離し両手を体の横において力を抜きます。(呼吸に合わせてゆっくり)

8.腹臥位における体操(2)

腹臥位で肘を屈曲させて手を顔の横に置きます。ひたいを床につけて、次に両手を床から離して持ち上げてください。(呼吸に合わせてゆっくり